セラピストという働き方が40代以上に向いている3つの理由

セラピストという職業が、なぜ40代女性に向いているのか?

女性は、一般的にライフステージの変化が男性よりも多いと言われています。
結婚、妊活、出産、育児、家族の介護など、現在真っ只中にいる女性も少なくありません。
ライフステージが変化し以前と同じ量で働き続ける事が難しくなるケースが発生する中で、
セラピストという職業はライフステージに縛られることなく、
持続可能な形で働き続けることが出来る稀有な職業のひとつです。
「セラピスト」という職業。なぜ40代以上の女性に向いているのでしょうか?


理由1. 柔軟な「働き方」が選択できる。

セラピスト業は、「働き方」をご自身のライフステージに合わせて選べるのが魅力のひとつ。
働き方自体も、柔軟に選ぶことができます。

例えば、
・副業としてのセラピストを選択
・サロンに就職
・サロン開業(オーナーへの道)

サロン就職の場合は、シフトによって働く時間や曜日も選択でき、フレキシブルな働き方が可能です。
サロンをご自身で運営していくなら、全て自分で決められるので、突発の出来ことにも柔軟に対応できます。

「自分でサロンを開くなんて、敷居が高すぎる・・・。」

そう思う方もいらっしゃるかもしれませんが、実はそうでもないんです。


理由2. 最小限のリスクで始められる

なぜなら、「店舗」を借りることがマストではないからです!

自宅の空いている部屋があればその場所を利用すれば良いですし、自宅サロンなら家賃は掛かりません。
家に空いている部屋なんてないわ、という方は、レンタルサロン、シェアサロンを利用するのもおすすめです。

初期費用も、ご自身の裁量で選択が可能です。
一番シンプルな形で開始するのであれば、3万円~10万円のコストイメージ。

実際には、内装などはご自身で工夫をしているオーナー様が多いです。
トップセラピストカレッジの卒業生でも、なるべく予算をかけずにやっていくために、
ご自身で内装材料を買ってきて工夫している方がたくさんいらっしゃいます。

お金をかけなくても、資金がなくても自分のサロンは持てるんです。
これならできる!と思いませんか。


理由. 3 今までの人生経験が武器になる

一般企業に就職する際、どうしてもネックになるのが年齢の壁ですが、
この部分も、セラピストは大きなアドバンテージになります。
年齢を重ねてきたことで獲得してきた人生経験。
様々なライフステージを経験してきたからこそ理解できることや
語れることが沢山あるのは、最大の強みとなります。
サロンにいらっしゃるお客様は、疲れた体を癒しに来るだけにサロンに来店するのではありません。
いま抱えている心のモヤモヤも、疲れや老廃物と一緒に流したいと思っています。

そんな時に、人生経験豊富なセラピストに対応してもらったらどうでしょうか。
お客様のお話しに耳を傾け、受け止め、これからの未来のためにアドバイスをしてくれる存在。
頼れるお姉さん・お母さん的存在は、日々ストレスと戦いながら過ごしているお客様にとって、大きな支えになります。
「担当のセラピストさんと話したいから」という理由でサロン通いをされるお客様もたくさんいらっしゃいます。


トップセラピストカレッジは40代からセラピストを目指す女性を応援します

トップセラピストカレッジに入校される方の年代は幅広く、
現在では40代や50代、60代の生徒さんもいらっしゃいます。
新しい事を始めることに年齢は関係ありません。
むしろ、いままでの社会人経験・人生経験がとても役に立つでしょう。

とはいえ、本当にできるの?と不安もおありだと思います。

まずは、スクール見学にいらしてください。
授業を見学することもできますし、個別相談もできます。
無料体験会はご希望の日程に合わせて開催いたします。
全国のトップセラピストカレッジでお待ちしております。

▼▼無料体験会のできるスクールを検索する▼▼
こちらをクリック

関連記事

  1. 美しくなりたければ腸内フローラを整える!?

  2. 【サロン様向け説明会開催】サロンの収益や技術の向上、新商材。収益アップへの3つのご提案